2021.12.02 Thursday

桜剪定

農作業をしていると腰を痛めることがよくある。先日皆で剪定した桜の木に梯子をかけ無理な態勢で残った細枝切りをしたのが悪かったのか、急に腰が痛くなった。マッサージも考えたが、「高齢のぎっくり腰は揉むな、安静にせよ」言われたのを思い出し今日は休養。五十肩やぎっくり腰は老化への警鐘、固くなってきた骨を無理に回して痛めないよう「もうこれくらいにしておけ」と痛みで伝えているのだそうだ。
若いときは筋肉が元気なので、骨が少しズレ歪んでも弾力性で押し返してくれていたが、歳をとると、老化した筋肉は「もう私にはこれ以上骨を押し返すのは限界」と言うことで、ぎっくり腰になるらしい。だから、マッサージは傷んで痛がる筋肉を揉むようなもので「お願いだからもう触らないで」となる。頑張った筋肉はそっとしておくのが一番。腰痛は警鐘だと思って休養の良い機会、真摯に受け止めよう。

2021.12.01 Wednesday

横マテ

こんなに巨大なマテ貝、見たことがありますか。昔は地元にも少しながら生息し食用になっていた。しかし、沿岸の埋め立てが進むにつれて生息域が減少し、最近はまったく見かけない。焼いて食べると身が厚く味が濃厚でとても美味しい。普通のマテ貝よりはるかに大きく、焼く時はグリルいっぱいになるほどだ。横マテと呼ばれ、採れる量が非常に少なく旬の時期しか採れないめずらしい貝で、店に出ていると必ず買った。
もうこんなに大きなマテ貝を買うことはできないだろうが、春の風物詩だった潮干狩りもなくなった。浅利がいないのだ。小豆島でも醤油作りの栄養分豊富な廃液を海に流すのが禁止になってから浅利がまったく採れなくなったらしい。海はきれいにはなったもののアミノ酸などの栄養素がなくなり、プランクトンやゴカイが生育せず、それを餌にする浅利が育たない。更には、小魚も育たず、沿岸からイワシや鯵など小魚の大群が消えた。何事も適度があり、バランスが大切。イワシや鯵の大群復活せよ!

| top |

Pagetop