2022.08.10 Wednesday

新型草刈機

草刈機と言えば、エンジン付きのシャフトの先に丸い刈払い歯がついたのが一般的。鋭い歯がついて円盤が回転するのでとても危険だし、肩にかけ左右に振りながら草を刈っていくので体力も必要。特に石の際を刈るときは金属の歯が接触すると危ないので、別のナイロンコード式の草刈機を使う。
これまでこの2台を駆使して草刈りをしてきたが、体力低下を新装備で補うため、新たな草刈機を追加した。新型草刈機は重さが50圓發△襪里如軽トラに積んで持ち運ばなければならないが、自走式なので楽だし草刈力は抜群だ。特にオリーブ園の草刈りは斜面が多く難儀していたので、早速問題の場所で試してみた。写真に写っている平地では草を刈りながら自分で進んでいくので作業は快適。そこで、平地向こう側にある斜面対応力を試してみた。少しの傾斜は何の問題もない、40度くらいを超えたところで横滑りを始め、さらに傾斜がきつくなった段階で「もう限界です!」と私の手を離れ転がり落ちた。でも壊れることなく一回転して見事に着地しセーフ。
限界さえ知っていればもう大丈夫。一度経験していればもうそれ以上の無理はしないし、逆に限界ギリギリまでは余裕で攻められる。もし限界まで攻めることをしていなかったら「危ないのでは・・」という弱気がいつも先行し、能力を最大限引き出すことはできないまま終わってしまうのかもしれない。レッドゾーンを知ることは大事だ。だから、今回の一回転滑り落ち事故は、無駄ではなかったということにしよう。新型草刈機頑張れ!

2022.08.02 Tuesday

ヒシ除去

近所の農家が共同で利用している水田用のため池に、ヒシの水草が繁茂してきたので除去しようということなった。いろいろ方法を考えた結果、ゴムボートを使って網を投入し、地引網のように皆でひっぱり上げ片付けることにした。
ところが、この排除を水草たちが察したのか、最近一週間くらいで水面に盛り上がるほど急激に成長した。その結果、引き上げるのが困難になるほど大量に網にかかりすぎ、2回作業したところでギブアップ。水面から無くなったのはほんの一部だけだった。自然の力に少数の人間で立ち向かうのはやはり無理。この水草があるおかげで、池の水は浄化されとてもきれいになっているので大変有難いけれども、この先どうなっていくのだろう。
自然の流れにまかせ見守るしかないか・・・。

| top |

Pagetop