2023.01.26 Thursday

ため池

広報では「ため池の環境保全が非常に重要」と言われているが、私たちの池で実際にやっている作業は超大変。草刈りも堤内側の水面に近い場所は、草刈機ごと落ち込むと泳ぐこともできないので特に危ない。外側急斜面堤も滑り落ちるので草刈機を使う時は要注意。しかも、作業をする人たちは全員高齢者で90歳を超える方もいる。
この池の堤を日常的に通る車や人も結構いる。ガードフェンスがない部分もあったので、もし池に落ちて大事故になったら誰に責任があるのだろうという話になったが、まずは人が落ちないようにするのが一番と言うことで、自己負担あろうとも早くフェンスで囲もうということにした。その結果、補助金の助けもあって昨年末にはきちんと設置ができた。
農業後継者も見込まれないこんな状況にあっても「水がめであるため池を大切にしよう、事故が起こらないようにしよう」という皆の思いは未来へつなげて行くことができるだろうか。「安全管理への配慮が足らない」と非農家の方から注意を受けることもあったが、こうした状況と思いをガードフェンスに書いて残しておきたくなる。

2023.01.19 Thursday

ウッドチッパー

今冬のオリーブ剪定では、大丈夫かと不安になるくらい大量の枝木を切り落としたので、例年のように山の際へ積み上げる方法では片付かなくなってしまった。
そこで、前々から欲しかったエンジン式のウッドチッパーを導入し、オリーブ園で試してみた。これまでに使ったことがない機械だったので当初は気を使ったが、直径5センチの太く長い枝まで次々に粉砕していくので、山盛りになっていた伐採のオリーブはどんどんチップの山になり半日できれいに片付いてしまった。しかも伐採された枝木のチップはオリーブ園にばら撒かれるので、やがて柔らかい土になり自然循環されて行く効果もある。
剪定しすぎたので収穫量は一時的に減るかもしれないが、長い目でみれば、緊張感を感じ「早く新しい芽を出さなければ・」と頑張ってくれるかもしれない。「こんなにバッサリ切られてしまったので、もうだめかもしれない」と弱気にならないよう、回復に効果的な肥料をオリーブチップと一緒にしっかりやってあげよう。

2023.01.13 Friday

オリーブ強剪定

オリーブの苗木を植えて10年が過ぎ、背丈をはるかに超えるほど大きくなった。上の方の実は脚立を立てても届かず収穫できないので、しっかり剪定することにした。
そこで、上に伸びすぎたてっぺんの枝を剪定する担当と、下で伸びすぎ繁茂する枝を剪定する担当に分け二人分業で進めたが、上からは下の様子はわからず、下からは上の様子がわからないまま各々がどんどん切って行った結果「こんなに切ってしまい大丈夫なの?」と言われるくらいになってしまった。人の散髪で言えば、頭の上を刈る係と下から刈上げをする係が手分けし散髪した結果「河童の頭」のようになってしまった感じだ。
それでも、生えすぎていた枝木が剪定されすっきりしたし、春になれば新芽が成長してくるので大丈夫だろう。後は、バッサバッサと伐採してしまった大量の枝木の片付けが待っている。

2023.01.05 Thursday

YouTubeへ

電機店で超大型の最新テレビを眺めリモコンを触っていたら、「YouTubeなども映りますよ、普通にテレビの番組も観ることができますので、年輩の方でも大丈夫です」と言われてしまった。時代は急速に変わっている。
三年前に本格的に農業を始めた時は、「現代農業」という月刊誌が指南書だったが、今の指南書は「YouTube」の農業関係動画に変わってしまった。ここ数年でYouTubeにアップされる農業関係の動画が飛躍的に増え、雑誌で読むよりもはるかに解りやすくなった。
YouTube 動画を見るのも、一年ほど前まではパソコンやiPadなどの小さな画面で見なければならなかったが、最近はテレビの大きな画面で見ることができるようになったので、ますます便利になった。
今のテレビは光ケーブルを通じて様々な情報が受信できるし、Wi-Fiで無線通信ができ、スマホ写真も即映せるようになるなど、アンテナで放送電波だけを受信していた昔のテレビとは全く別物になっている。外見は昔の液晶テレビと同じような形をしているものの、中身は「画面がテレビ並みに超大型化したパソコン」に置き換えられていると考えた方が正しい。今年も頑張って変化について行こう。

2022.12.29 Thursday

イノシシ大

山からオリーブ園に通じる斜面にイノシシ防止用の板柵を設置したが、何処からか入ってきたのか、オリーブ下の地面や道路がガタガタに深く掘り起こされてしまった。設置した板柵を確認しに行ってみると、2枚がパタンと倒されその上には歩いた跡がある。「遊び場への通り道なのに誰がこんな所に板柵を作ったんだ、邪魔だからこんなの鼻先でポイ」とばかりに押し倒されたのだろう。
設置済の暗視カメラで確認してみると、でかいイノシシが三匹映っていた。昨年より確実に大きくなっている。しかも撮影時間を見ると、作業に行ってない日には午後四時過ぎのまだ明るい内からウロウロしているではないか。遅くまでオリーブ園で作業をしていた日には「早く帰ってくれないかなあ・・」と遠くからじっと見られていたのかもしれない。
ピンクのテープや鈴なんかもまったく脅しにならず、危険なくらい大胆になってきた。

2022.12.22 Thursday

浅漬け

寒くなり旨味の増した白菜の浅漬けはとても美味しい。小さく切って塩や昆布と一緒に容器に入れ押しをすれば簡単に出来上がるが、畑から採ってきた白菜は半端ない大きさがあり、漬物樽でも使わなければを処理しきれない量になる。
そこで考えたのが、真空パック用の袋の底に浅漬の素粉をまず投入し、その上から一枚ずつはがし乾かした白菜をぎゅうぎゅうに詰め込み、即座に真空パック機を使い強力に空気を抜く方法だ。真空状態でカチンカチンになったパックは、強力に圧縮されているので押しも不要で冷蔵庫に積み重ねて置ける。但し、袋の閉じる部分が水にぬれると完璧にシーリングできず真空状態が保てないので液体の浅漬の素は使えない。キムチ作りも可能だ。白菜は小さく切らないし、浅漬の素粉もまぶさないので短時間大量生産が可能になった。
この浅漬けパックは、冷蔵庫で一週間ほど経てば、野菜から水分が出て自然に粉と混じり合い出来上がる。しかも、最初から小分けのパック入りなので使い易く、味も長期間変わらず保存できるのでとても便利。

2022.12.17 Saturday

高枝チェンソー

山にある栗の木がどんどん上へ上へと伸び、実がなっても下からは届かないようになってきたので、てっぺん付近の無用な太い枝を伐採することにした。しかし、高い木に登っての剪定は、何度も危ない目にあってきたのでもう無理。
そこで、長さが4mあり強力で長時間使える充電式高枝チェンソーを探していたら、マキタから40V仕様のものが発表された。早速試してみたらすばらしく便利。これまでは危険な目をして木に登り、のこぎりでギコギコ切っていたのに、5m以上高い所にある太い枝を下から楽々と切ることができる。そして栗の木はすっきりした形になった。
体力が低下してくると、やはりお金を払って安全を買うことも必要だ。事故の代償よりはずっと安い。

2022.12.14 Wednesday

落花生殻剥き

新物の落花生を煎って食べるととても美味しいので、カラカラに干し上げた殻をむき中身を取り出す作業を始めた。干す段階で殻の傷んでいるものは取除き、奇麗なものだけを残していたが、その後もいろいろ変化し、殻を割って出してみると中身は様々だ。
落花生の中身は外見だけで見ているとだまされる。普通は外見がきれいな殻にまともな豆が入っているが、中には「外見はきれいなのに内側や豆は真っ黒」や「大きな殻なのに中の豆はちっちゃい」のもあって人間模様みたいだ。大きいのには一つの殻に三個も豆が入っているのもある。
真っ黒になったのは食べられないが、ちっちゃい豆が実は大変美味しい。サイズごとに4段階に分類しているが、頑張って育った最下位のシワシワ超小粒豆は特に美味しい。どうして美味しいのかというと、大きくなったばかりのまだ柔らかく未熟な段階で収穫されたので、乾燥過程で大きさだけがどんどん萎み旨味が濃縮されたからだ。「えーっこんな小さい豆食べられるの・・」と言われそうなので、他人には差し上げず独り占めしている。

2022.12.04 Sunday

オリーブ軽トラ

ピンクテープ

友人からいただいたオリーブの苗を山のオリーブ園に5本移植したので、イノシシ除けの対策を実施。いつもやってくる山正面斜面にはパネル柵を設け主通路をまず遮断、そしてオリーブ園と山側面の境界には、効果があると言われているピンクのテープを張りめぐらし、おどし用にと鈴も取り付けた。
これで万全かと思いきや、二日後に状況を確認に行くと、「獣道の付近にオリーブの木を植えるなんて全く非常識、邪魔くさいので除けてしまえ!」とばかりに、オリーブの苗木が一本大きく掘り起こされ倒されていた。
「通路の正面にパネル柵を作って通れないようにしても、横斜面から大回りすると隙間はまだ沢山あるもんね」「側面にピンクのテープが張り巡らされていたけれども、あれは一体何なの?まさかアレに驚いて入って来られないなんて本気で考えているなら馬鹿じゃないの、しかも、小さな鈴で脅そうなんてイノシシをなめてる!」とつぶやいたのかもしれない。今回やったイノシシ侵入対策は効果なし。

2022.11.23 Wednesday

自走式草刈機


今年は、猛暑でオリーブ園の栗に実が生らなかったので、イノシシが来ず安心していたのに、「お待たせしました!」とばかりに、山道を下から上まで丁寧に掘り起こされ地面はガタガタ状態になってしまった。
そこで、自走式草刈機を使って底の回転盤で地面を均しながら草刈りし修復したが、案外上手くできたので、前回転げ落ちてしまった急斜面の草刈作業にも再挑戦をさせてみた。「限界は解っているハズなので危険な作業はもうやらすなよ!」と言われているようだったが、限界を再確認しておくことは大切だ。傾斜角が40度くらいまでは余裕で斜面作業ができたが、それ以上行くとやはり車輪が滑り出したのでストップ。
限界さえ知って使えばこの草刈機はやはり便利だ。危険領域ぎりぎりまで進んで、レッドゾーンを一旦確かめていると、逆に「そこまでなら多少の無理をしても大丈夫なんだ!」という妙な余裕ができる。

| top |

Pagetop