2023.04.09 Sunday

新耕運機

好きな音がある。レコード盤に針を置き「プチップチッ」というスクラッチ音と共に聴く音楽。焼玉発動機の小さな木造船で釣りに行った昔の「ポンポンポン」という躍動感ある音。蒸気機関車が煙をはき汽笛を鳴らしながら「シュツシュツ」と力強く駆け抜ける音。こうした音の中でも、一番元気づけられる好きな音はディーゼルエンジンの耕運機やトラクターの音。低回転で力強く鼓動のように響く音はいつ聞いても元気が出る。
特に、フライホイールを手で回し始動させる古い大型の耕運機は「ストンストンストン」というゆっくりとした爆発音を立てながら徐々にエンジンの回転数をあげていくので、「さあ、やろう!」という気にさせられる。解ってもらえるだろうか??。
今回、山作業用に導入したこの耕運機で、イノシシによって掘り起こされデコボコ状態になった道やオリーブ園の表面を削りながら整地して行くのだが、マニアックな力強い音を楽しみながらゆっくりと作業をして行こう。但し340圓盻杜未あるので要注意だ。

| top |

Pagetop