2022.01.23 Sunday

黄金色の稲

ぼかしタンク

近所の長老が長くぼかし肥料で米作りをしてきた。収穫量は平均の七割程度に落ちるが、とても美味しいのができる。この肥料で栽培している田圃の稲が熟れる頃、周りの田圃と明らかに違う明るい色、一面黄金色になる。従来有機肥料の効果については懐疑的だったが、このみごとな光景を見てから考え方が変わってきた。
こうして、今年も有機肥料の野菜作りを目指しぼかし肥料を作っている。もみ殻燻炭100ℓ、米ぬか25圈¬攷欖釈液、発酵促進剤などを混合し、肥料作成用のタンクに入れて発酵させ、甘酸っぱい匂いの熟成した燻炭ぼかし肥料の第一回目がようやく完成。
有機肥料は、微生物に分解されることで効果を発揮することから、効き目が現れるまでに時間がかかる。即効性でないので、元肥に入れると徐々に効いてくるタイプだ。発酵の温度管理や定期的な撹拌作業もあり手間がかかるし効きめも弱いので、有機肥料にこだわり過ぎるのはどうかと思うが、材料費用はほぼゼロで、健康にも安全安心なのは魅力的だ。
しかし、長老のようにこのぼかし肥料だけを使った米作りは絶対できません!とんでもない量の有機肥料作りをしなければならないし、肥料を担ぎ稲の刈り株を数えながら手で田圃一面均等に散布して行く作業なんてとても無理。化成肥料もやはり大切です。

| top |

Pagetop